メンバーインタビュー

Yuka Enomoto

Yuka Enomoto

バックオフィス

Yuka Enomoto

これまでのキャリア

学生の頃から接客が好きで、接客業に携わる仕事をしたいと考えていました。そのため、まずはサービス業の大きな会社に勤め、新人教育の部署で仕事をしていました。

しかし、仕事をする中で、新人教育だけでなく、実務に就いた後も継続的にサポートを続けていく必要があることを感じました。

大きな会社では、総務や人事などの部署が分かれているため断片的な仕事しかできません。

そうではなくメンバーの総合的なサポートができる職種に就きたいと考えるようになりました。

そのため、その後は大学のプロジェクト内の人事や経理などの運営全般に携わるバックオフィスの仕事を数年間していました。

foriioを選んだ理由

前職での経験を通じて、バックオフィスとしてメンバーを総合的にサポートするための経験を積みたいと考えるようになりました。

そんな中で、代表取締役の山田さんとの共通の知人を通じて、foriioでバックオフィスを募集していることを知り、お話を聞いたところ、やってみたいと感じたため入社を決めました。

仕事の面白さ

バックオフィスの仕事には、他の人から見れば仕事ではないような細かい作業もたくさんあります。

例えばオフィスの使いやすさのために、オフィス内の導線を考えたりといった、細かな配慮の積み重ねがメンバーの役に立っていることを感じられるのが仕事の面白さです。

また、トイレットペーパーを取り替えるような小さなことでも、オフィスのメンバーに「助かった!」と言ってもらえることがモチベーションになっています。

仕事内容

バックオフィスとして人事や総務、経理を主に担当しています。

その中でも総務や経理の仕事が多く、現在は会計や請求書の管理、給与の管理、勤怠管理などを中心に行っています。

今後の目標

現在はオフィスが引っ越して間もないので、メンバーがストレスを感じずに過ごせる環境を作っていくことが目標です。

foriioはスタートアップ企業なので、環境が変わりやすく、人の入れ替わりもあります。

人事として誰かを入社させた後にも、会社のビジョンに合わなかったり、条件が合わなかったりして辞めていってしまうこともあります。

その中で、人事に携わるバックオフィスには、現実の受け止め方をうまくコントロールしていくことが求められると考えています。

変化していく環境の中で、一喜一憂することなく淡々とコンスタントに仕事をこなしていく力をつけていきたいです。

メッセージ

foriioはスタートアップ企業なので、業務のスピードが速く、過去の経験が通用しないことも多いです。

そのため、メンバーが落ち込んでいたり疲れている時に声をかけてあげられるような、精神的にも業務的にも、共に働く人たちへの細かいケアができる人と働きたいと思っています。

みんなで協力し合いながら、全員でゴールに向かえるようなマインドを持った人と一緒に働けたら嬉しいです。